スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
母の道 娘の選択(Mothers"Way Daughter"s Choice)を紹介します
一昨日、有楽町の「外人記者クラブ」で行われた、
ドキュメンタリー映画「母の道 娘の選択(Mothers"Way Daughter"s Choice)」を観た。


IMG_6295_convert_20110308225759.jpg


映画を作った、我謝京子(がしゃ きょうこ)さんはテレビ東京出身のジャーナリストであり、
現在ドキュメンタリー映画監督・ロイター記者でもある。


私は、久しぶりに、まるで「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラの様な
激しく、情熱的で、チャーミングな女性に出会った。


IMG_6297_convert_20110308225826.jpg


IMG_6299_convert_20110308225531.jpg


彼女の文章を借りると、

『ニューヨークで映画を作り始めたきっかけは、職場の同僚が書いたユダヤ人女性の罪悪感というエッセイ集だった。その出版記念パーティーで、私の中にも「子供のころあれほど憧れた外国なのに、一方で日本を飛び出してしまった罪悪感」があることに気が付いた。』

『一般的に、日本女性はおとなしく主張しないと見られているが、彼女は日本女性の強さや主張が見える作品を世界に向けて送り出そうと決心。ニューヨークに住む日本女性たちに、インタビューをした。』

『日本を出た理由「罪悪感」「日米の働き方の違い」「育児と仕事の両立」。彼女たちの話は親世代との比較に繋がり母と娘の姿がくっきりと見えてきた。罪悪感から始まった映画は、母娘3世代に渡る映画へと成長していった。』

IMG_6300_convert_20110308225636.jpg


IMG_6301_convert_20110308225721.jpg


面白かったのは、英語と日本語と両方で同じ質問をしていると、日本語の曖昧な答えに比べ、
英語だと迸るようにアグレッシブに話す。という点と、親から離れてより強く親の愛を感じ、日本から離れより強く愛国心を持つ、この様な「我謝京子」さんにとても強い共感を持った。

そして沢山の日本の人たちにこの映画を見てほしい!! と思った。

帰り際に、我謝さんに「ありがとう、とてもよかったわ!」と声をかけたら

「あら、小林さん!テレビ東京時代に小林さん母娘にインタビューをしたことがあるのよ。娘さんにもよろしくね」と明るく朗らかに声を返してくれた。

本当にチャーミングな女性でした(^^)
スポンサーサイト
[2011/03/08 23:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム | 次のページ
小林照子の知恵袋


美容研究家として活動する中で、人との出会、気が付いた事、感動したことなどを日記形式で載せていきます。

プロフィール

ゴス

Author:ゴス
美容研究家の小林照子です
おん年75歳になります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。